日記・料理


by yuk0ooo

冷凍食品の歴史

20世紀初頭、アメリカのコロラド州でジャム用にイチゴが冷凍されたのが、
冷凍食品の始まりだったそうです。
日本で最初の冷凍食品も冷凍イチゴで、誕生したのは1930年(昭和5年)。
不漁の際に空いてしまう冷凍設備を有効に活用するために、考え出されたものでした。
このときの冷凍イチゴは、糖液中に牛乳または生クリームを混入して
その中にイチゴを漬けそれを容器のまま凍結するという特許を得て、
大阪方面で販売したといわれています。

冷凍食品が本格的に普及し出したのは昭和40年代に入ってからですが、
昭和39年に開催された東京オリンピックは冷凍食品が注目されるきっかけとなりました。
のちの大阪万博では、さらに冷凍食品についての認知が進み、
ファミリーレストランなど外食産業の発展に伴って、
業務用分野では冷凍食品はなくてはならないものとして広く使われるようになりました。


冷凍食品は、シーズンオフや不漁・不作にも関係なく価格が安定しており、
収穫期の旬の味を年中楽しめます。
また、食品によっては下ごしらえの段階で不要な部分がほとんど取り除かれているので、
捨てるところがなく必要なときに必要な分だけ使用することができ大変便利です。
特に調理品は味つけも不要なため、表示どおりに加熱するだけで、
常に本格派の風味が楽しめます。材料も手間も時間も最小限に抑えることができ、
旬の食材の風味、栄養素を季節に関係なく味わうことができる冷凍食品は、
調理に時間はかけられないけれど、おいしく栄養のあるものをとりたい方には
特に役立つ食品です。
[PR]
by yuk0ooo | 2009-01-10 09:05 | 料理